NPO法人日本国際童謡館とは

「童謡」は日本が世界に誇ることのできる特有の音楽文化であると言われています。
大正時代に“子どもたちに良い歌を”という理念の下に多くの作詞家や作曲家が作った「童謡」は、その後も引き継がれ多くの歌が生まれました。そしてそれらは多くの子どもたちの心を育んで来ました。
しかしこの文化も時代の変化とともに次第に忘れ去られようとしています。
そのような中、平成元年10月10日阿蘇で開催した「アスペクタ童謡ピクニック」の会場で、大庭照子は阿蘇発の童謡運動の発信地として、日本国際童謡館の設立構想を発表しました。
設立にあたっては以下の3つのビジョンを掲げました。
1 大正7年俗悪な環境から子供達を守るため始まった「赤い鳥運動」の原点に立ち、
日本はもとより世界へ童謡の普及発展運動を展開する。
2 古き良き童謡唱歌と並び歌われるような新しい童謡を創作発表する。
3 童謡運動の理念を踏まえて正しく歌える若い歌手を育成する。
そして長年のスクールコンサート等の活動を通して行ってきた童謡運動の集大成として熊本県南阿蘇に童謡館の活動をスタートさせました。
私たちは日本国際童謡館の3つのビジョンに深く共感し、「阿蘇からの風」の童謡運動を受けとめ、多くの人々がかかわりを持ち参加できる組織を作りたいとの思いからNPO(特定非営利活動法人)日本国際童謡館を平成11年に熊本県と米国ハワイ州にそして平成15年には神奈川県にそれぞれ設立しました。平成29年すべてをまとめ全国統一のNPO日本国際童謡館となり、日本が世界に誇れる音楽文化「童謡」を次の世代に継承するため活動しております。

イベント・公演案内
(童謡館Facebookページに移行します)

クラウドファンディング実施のご報告

NPO法人日本国際童謡館では、2018年1月31日~3月20日の期間、
「童謡教科書を全国の図書館へ」という寄贈プロジェクトを進めるため
クラウドファンディングに挑戦しました。

プロジェクトページ→https://readyfor.jp/projects/jidmdkproject

(支援の募集は終了しております)

おかげさまでのべ72名の方から、総額860,000円のご支援を賜りました。
いただいたご支援は全て童謡教科書寄贈プロジェクトに使用させていただきます。
応援、御支援をいただきました皆様、誠にありがとうございました。

特別な御支援をいただきました方々のお名前を下記に掲載させていただきます。
改めて御礼を申し上げますと共に、
今後とも童謡運動へのご理解とご支援を賜れますようお願い申し上げます。

URJ202様
宮沢伸一様
Grace Akiko様
岡本允子様
長谷川三千子様
小林美代子様
特定非営利活動法人FBI 理事長 山本紀男様

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.